ブータン

2017年4月~福祉のまちづくり事業の一環としてブータン王国の医療・福祉施設を交流を開始。

2018年1月よりグローバルネット事業としてブータン現地福祉団体と提携し活動を展開します。

 

IMG_1125.JPG

LAK-SAN事務所にて(2018・01)

福祉研究会MAHARO 宮崎/LAK-SAN Mr. Wangda Dorji/福祉研究会MAHARO 工藤

 

□■□視察先2018年□■□

LHAK-SAM(提携しました)

+ダクツォ職業訓練センター(手作り鍋掴みを入荷しました。マハロの小さなお店屋さんにて販売)

 

□■□視察先2017年□■□

+Tarayana Foundation(ディレクターMs.Sonam Pemインタビュー)

+RENEW(ComunityOutreachディレクターMs.Meenakshi Raiインタビュー)

+Dhungsel Home SPA(インタビュー)

+LHAK-SAM(代表Mr. Wangda Dorjiインタビュー)

+Ability Bhutan Society(Ms.Kings Wangmoインタビュー)

+Paro Hospital(医師インタビュー)

+Chithuen Phendhey Association(代表 Mr.ツェワン・テンジンインタビュー)

+BHUTAN KIDNEY FOUNDATION(代表 Mr.TASHI NAMGAYインタビュー)

+ダクツォ職業訓練センター

+パロ 特別支援学校(聴覚障害者クラス授業見学)

 

□■□視察先2016年□■□

+Jigme Dorji Wangchuk National Referral Hospital(The Medical Superintendent  Dr. Gosar Pembaインタビュー)

(産婦人科視察)(外来視察)(救急科視察)

+National Traditional Medicine Hospital(医師インタビュー)

+Big Backery

◇◆◇観光2016年◇◆◇

+ターキン保護動物園